【スタッフブログ#7】執筆!天空寺もやし!

スタッフブログ - 投稿者:

2018/07/06

 

おはようございます
とうとうバトンが回ってきていまいました。バトン、懐かしい響きですね。
俺は天空寺もやし。
18歳(本当は7歳です)の誕生日にじみちみちに倒され、
生き返るために画像編集、動画編集、造形、などなど雑多に関わっています。
残された締め切りはあと1時間…

 

実際どんな活動に関わったかという具体例としては
画像編集だと、この公式ホームページトップ画像(http://star-light.me
動画編集だとエイプリルフール企画動画なんかを作らせてもらいました。(http://star-light.me/2018/04/af2018/
画像編集も動画編集もズブの素人だった自分に関わる機会が回ってきたのは
やったことのない事でも、やりたい!面白そう!という熱意を大事にしてくれるチームの気風があってこそだと思っています。
マジで感謝です。

 

この、やったことないけどやってみたい!気になる!
っていう気持ち、めっちゃ大切だなって改めて実感する機会が最近多いんです。
というのも、バーチャルyoutuber(※以下Vtuber)界隈を追いかけているというのがあって
特に個人でVtuberやってる人たちに対して強く感じるんですよね。
皆さんも感じていると思います。感じてください。

あっ、自由に喋っていいとのことなので自由に喋ってます(事後報告)

 

それで、
Vtuber活動って、バーチャルの体をデザインする技術、それを動かす技術、そして声や編集、演出などの複合的な技術が要求されるものなんですよね。
でも、私が見ている限りその必要とされる技術の全てを身につけているのでVtuberを始めたという人はとても少ないように見受けられるんです。
「なりたい」「やりたい」「アレならできるからこっちは気合でなんとかする」そういう気持ちの強さで押し通しているように思えます。
(48時間でバーチャル受肉したシンギュラリティの人とか顕著ですよね)(リンクを貼ってもいいかhttp://barzam154.hatenablog.com/entry/2018/04/28/172443

 

何が言いたいかっていうと
何事かに対して、やりたい、知りたい、叶えたい、っていう、そういう最初に抱いた気持ちが
それを成し遂げるうえで一番大事だってことを胸に刻んできたいね。という話です。
バーチャルのじゃロリ狐娘Youtuberおじさんことねこます師匠(※私との間に師弟関係はありませんが一方的にそう呼ばせていただいております)曰く「やらなければ…始まらない」と。

 

人間、ドキドキしている間は無敵であるといいます。
また、はじめての時のドキドキを思い出せばいつだって無敵になれる
ともいいます。
そう!人間の可能性は…無限大なんだ!
やりたいこと、興味があることがあるけどあと1歩が踏み出せない!というあなた、
その気持ちさえあれば無敵です。
あとはもう軽快な無敵BGMにノってガンガン突き進んでみてはいかがでしょうか。

 

これはあくまで一例なのですが、我がスターライト!ではあらゆる分野のメンバーを地域問わず募集しています。
僕たちと一緒に何らかの活動をやってみませんか!
新しい世界が君を待っている!
今度は君の番だ!君の想いを未来に繋げ!

という感じでチームの宣伝に着地しつつ、今日のブログはここまで!
お付き合いいただきありがとうございました!

 

追伸
天空寺もやしは、個人的にラザニアがおいしいお店を大募集しています。
地域問わず教えていただいたお店はグーグルマップにピン止めして
定期的に地図を眺めたり、遠征の際の参考にさせていただきたいと思っていますので
こちらもキラメイカーのマシュマロに突然投げつけたり、
天空寺もやし(@moyasi_you2)までどしどしご応募ください。
当選者の発表は商品の発送をもって代えさせていただきます。